教育・学び

子どもたちが世界へ飛び出すべき5つの理由

1月 6, 2015
235238833_d25f8cf863

 photo credit: Per andare e tornare occorre viaggiare (1) via photopin (license) 
 
 皆さん、こんにちは。
 
 今日は、私が子どもたち、学生たちに留学や旅など、「世界に飛び出すこと」をすすめる理由についてお話しさせていただきたいと思います。

 留学や旅の話をするとよく、言語を習得することが目的ですよね?ときかれます。もちろん言語習得は自分の伝えたいことを伝えたり相手の伝えたいこと理解する上でとても大切な手段です。ただ、言語学者でない限りは目的にはなり得ないと思っています。私が留学や旅をすすめたい理由は別のところにあります。以下、5つの理由についてお話しさせてください。

 1.日本をより良く知り、それを発信することができる

 私たちの国、日本は、世界に誇るべき素晴らしいものをたくさん持っています。このことは、日本の外に出たときにさらに強く感じたり発見したりすることができます。違う環境や文化の中で、今まで日本にいて当たり前だと思っていたことが全然当たり前ではなかったことに気が付いたり、様々な人たちに日本のことをあれこれ質問されて、いかに自分が日本のことを知らなかったかに気付いたりするのです。その結果、日本についてもっと学ぶチャンスを得て、その素晴らしさをどんどん発信できるようになります。

 2.多様な価値観や経験を得て選択肢が増える

 世界には、本当に想像もつかないくらい多様な人、もの、ことがあります。こんな人がいるんだ!こんな生き方もあるんだ!こんな美しいこと、辛いことがあるんだ!!と、心を揺さぶられる多様な出会いと経験をたくさんするでしょう。それらと出会うことで、これまでよりずっと多くの人生の選択肢を持てるようになります。

 3.自分が何者でどんな人生をあゆみたいのか考えることができる

 日本の外に出てしまうと、自分の所属している学校や組織は関係なくなり、自分自身が何者かを多く問われるようになります。何者で、何が好きで、趣味は何で、このことに関してどう思っているか、など自分自身に関することをたくさんきかれます。よって、自分が何者なのかを否が応でも考えさせられるようになります。また、上記2のように多様な価値観や経験を得て選択肢が増えることによって、その中で自分が何を望んでいるか、どんな人生をおくりたいかということをもっと広い視野で考えるチャンスをもらえます。

 4.「世界」が身近になり、リアルに起こっている事、他人や違いをもっと尊重できるようになる

 世界に出ていくことで、世界がより身近に感じられるようになります。色んな国の友達もできるので、今までは遠くのことに感じていた世界のニュースが、まさに自分のニュースになります。インターネットやテレビでは味わえないリアルな情報も増え、あらゆることを自分ごととして考える機会が増えます。これは、違う国、違う場所、違う人、違いに対する思いやりや尊重にもつながり、自分が世界で何ができるかを考えるきっかけにもなります。

 5.生きるのがもっと楽しくなる

 日本の外に出て、これまででは考えられなかったような様々な生き方に触れることで、どんな人生を生きるかは自分次第だということをこれまで以上に理解できるようになります。そして、世界にも日本にももっと面白いこと、素晴らしいことがあると気付きます。その結果、生きることがもっともっと楽しくなります。

 これらが、私が子どもたちや学生たちに旅や留学をすすめる理由です。そして、実は、

これらのエッセンスをもっていることがこれからの時代を生き抜く上で必要な力になる

と思っています。

 もちろん、旅や留学をするには相当な費用がかかります。けれど、大学生になってアルバイトをすれば旅に出るお金を自分で貯めることができますし、今は、政府も奨学金をどんどん増やしています。
 
 私自身は大学院留学をしたのですが、やはり留学資金を工面するのに大変苦労しました。2年越しで様々な奨学金やエクスチェンジプログラムに応募して、どうにか留学をすることができました。留学に興味を持っている子どもたち、学生たちには是非諦めずに留学の道を切り開いてもらいたいです。私は、その過程でも留学に匹敵するほど多くのことを学べました。

 とにかく世界は広くて、日本も深くて、面白いことがたくさん隠れています。もっともっと色んな場所に行って、新しいこと、もの、人、新しい自分自身を発見しながらたくましく生きる力を育みましょう!
 

You Might Also Like